» » シドニー在住・カオルさんが語るロコ活動の魅力。〜ロコでの出会いで明るく積極的な性格に〜【ロコインタビュー】

シドニー在住・カオルさんが語るロコ活動の魅力。〜ロコでの出会いで明るく積極的な性格に〜【ロコインタビュー】

2020年3月24日 ロコ活オーストラリアシドニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロコタビは、ロコ(海外在住日本人)が旅のお手伝いをしてくれるサービスです。観光案内やビジネス通訳、食事のアテンドに現地でのサポートなど、あなたが旅先でしたいことをオーダーメイドにお願いできます。

今回はオーストラリア在住歴13年のロコ、カオルさんにインタビュー。永住権を持ち、グルメやビーチ、ショッピングなどシドニーに住む彼女ならではの視点で観光案内をしてくださるロコさんです。そんなカオルさんに、シドニーに住むようになった理由やロコの活動を始めたきっかけ、今後やってみたいことなどを伺いました。

※ロコ=ロコタビに登録している現地在住日本人 

今までと違う自分を求めて、オーストラリアへ

|シドニーに住み始めてもう13年とのことですが、最初にオーストラリアを訪れたきっかけは何だったのですか?

2004年に約2週間の語学留学で初めてオーストラリアのパースに来ました。当時、20年近く金融系の会社で事務をしていたんです。ただ、長年同じ仕事を続けてきて「私の人生、このままで良いのかな」と感じ、英会話教室に通うようになりました。

|そのときから、海外移住を考えて?

いえ、当時はそこまで考えておらず、「小学生のときに少しだけ学んだ英会話が楽しかった」という理由だけで通い始めました。39歳のときだったのですが、教室でできた同い年の友人が「ニュージーランドに語学留学に行く」というので遊びに行きました。そこで、日本とは異なる広大な自然に惹かれました。そこで初めて「長期で海外に行きたい」と考えるようになり、翌年に退職しました。

|英会話教室での出会いが始まりだったのですね! そこからなぜオーストラリアに?

仕事を辞めた後、レセプションで働いている友人からオーストラリア・パースの語学留学をおすすめされたんです。そこで、初めてオーストラリアに訪れました。

|初めて訪れたオーストラリア。どんな印象でしたか?

とにかく自然が雄大で、美しい姿を残していることに驚きと感動を覚えました。オーストラリアの自然は今まで見てきた日本の自然とはスケールが違い、それまでの自分の悩みがちっぽけなことに思えたんです。以来、オーストラリアの魅力に引き込まれて、一度帰国してお金を貯めたあと、長期の語学留学で再度パースを訪れました。そのときは半年で帰る予定だったのですが、オーストラリアでの暮らしが楽しすぎて気づけば14ヶ月も滞在していました。

|14ヶ月…! 本当に魅力だったのですね。

そうなんです。その後も一度帰国したのですが、どうしてもオーストラリアに住みたい!と思って永住権について調べ始めました。今は条件が変わっているかもしれませんが、当時は永住権を取得するためにオーストラリア移民局が指定する職業に就く必要がありました。その中で私ができそうな仕事は調理師くらい。といっても、日本で調理師の経験があったわけではないのですが(笑)とにかく向こうで働ければ、何とかなると、2007年にシドニーに移住しました。

 

|そこは、パースではなかったのですか?

当時のパースは今ほど飲食店も多くありませんでした。パースで暮らしたかったのですが、働くのは難しいかなと思い、シドニーを選びました。その後、2008年に永住権取得のための申請を行い、2012年にようやく永住権を取得しました。

ロコでの活動が、初対面の人と関わるきっかけをくれた

|長い道のりだったのですね。そこから、なぜロコタビに登録することになったのでしょう?

2015年ころに、「大好きなオーストラリアの魅力を多くの人に伝えたい」と思ってロコとして登録しました。ですが、当時の私は人見知りで初めての人と話すことがこわかったんです。人にモノを言えない性格で、「無理なことを依頼されたらどうしよう?」と思っていました。

|それが今ではロコとして多くのユーザーさんを案内していらっしゃいます。何かきっかけがあったのですか?

登録して1〜2年経ったころにお会いしたユーザーさんがきっかけでした。その方は、書き込み欄で「クラブに連れていってくれる人」を探していました。私はクラブが好きでこっちに来てからもよく行っていたので、役に立てるかも!と連絡を取ってみました。共通の趣味があれば、話せるかもと思ったのも事実ですね。

当日は19時に待ち合わせをして、クラブの前に食事へ。私と同年代で気さくに話してくださる方で、とても楽しい時間を過ごせました。その後、一緒にクラブに行って、現地の様子を楽しんでいただけました。この経験がきっかけでロコの仕事が大好きになり、今では新しく問い合わせが来るとワクワクするまでになりました。

|今のカオルさんの投稿を見ていると、オーストラリアでの生活もロコの仕事も楽しんでいる様子が伝わってきますよね。

それは嬉しいですね! トラベロコ内の質問にもよく回答していますし、発信することが好きなので自分でブログも更新しています。私の投稿を通して、オーストラリアでの暮らしを知ってくれたらと思っています。

|かなりロコの活動も楽しんでいるカオルさんですが、今後、ロコとしてやってみたいことはありますか?

もっと障がいを持つ方の案内もしていきたいです。私は現在、グループホームで精神障がいを持つ方々への自立支援の仕事もしています。こうした活動をする中で、シドニーは障がいを持つ方にも優しい街だと感じています。バスを乗り降りするときはスローブが出て来るように設計されていたり、電車では駅員さんが素早くスローブを持って来てくれたり。障がいを持っている方でも旅行しやすいと思うので、もっとハードルを下げて旅行に来てくれたら嬉しいですね。

一歩踏み出すことで、世界が変わる

|ロコとしてかなり活動的に動いてくださっているカオルさんですが、ロコの登録を検討している方にアドバイスをするとしたら、どんな言葉をかけますか?

まず、一歩踏み出す勇気を持って欲しいなと思います。人との出会いは人生経験です。初対面の人を案内するということは、緊張しますが、それを上回る楽しさがあります。

私の場合、日本にいたときよりもオーストラリアにいる今のほうが、新しい出会いに恵まれています。日本では毎日、会社と家との往復でした。人と会うとしても会う人はだいたい同じメンバー。新しい人と出会う機会は限られていました。しかし、オーストラリアに来てロコに登録してからは、色々な日本人と出会っています。海外で暮らす日本人にとって、ロコとして活動するのは、良い出会いの機会なのだと思います。

 

インタビュー時には明るく話してくれたカオルさん。以前は、初対面の方と話すことが苦手だったなんて信じられないくらいでした。きっとカオルさんと一緒に過ごしたら、楽しい時間を過ごせるんだろうなと筆者もお願いしたくなってしまいました! ロコとしての活動の意義をしっかりとお話ししてくれたので、ロコに登録しようか迷っている方には参考になったのではないでしょうか? あなたのロコ活・ロコ旅が楽しい時間になることを願っています。

シドニー在住ロコ一覧
シドニー在住ロコのサービス一覧
ロコのインタビュー一覧
気になる都市を見てみる

ロコタビに無料登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロコタビブログのトップに戻る